Event イベント

2015年01月16日

Event

~ビジコンで世界は変わらない。起業を通じてカタチにするインキュベーションプログラム~ 「Startup Boarding Gate」 のDemoDayのイベントレポート!

一覧へ戻る

起業を通じてカタチにするインキュベーションプログラム「Startup Boarding Gate」のDemoDay(投資家向けの新規事業プレゼンテーション)が2015年1月14日に行われました。

ゼロからサービスを立ち上げてきた全6社が、プレゼンテーションの後、投資家との個別面談の機会が得られることとなり、その後のアポイントにつながった会社も多数ありました。

 
【Startup Boarding Gate 概要】
「こんなサービスあったらいいな」「このアプリは絶対流行る」。そう考えていても一歩を踏み出せない学生向けに、世の中に新たなサービスを生み出す第一歩を踏み出すきっかけや想いをカタチにするための環境を用意するプログラムが、この「Startup Boarding Gate」です。
目的は、「これまでの世の中にない価値を若者の手で生み出す」こと。ドリコムではこれまで、自社の新規事業創出の取り組みとして四半期ごとに行われる社内ビジネスコンテストや、新卒採用において、入社と同時に起業するプログラム「Startup Boarding」から子会社が生まれ、それぞれのメンバーが活躍しています。今後はドリコムだけでなく、ドリコムがアクセラレーターとして育成・支援を行うことで、世の中に新たなサービスを生み出すきっかけを作りたく、今回の実施に至りました。
 
 
 
【サービスの概要と本プログラムの参加者のコメント】
 
株式会社CodeNext (モバイルネイティブなライブラリの開発) 脇田さん
スタボ1.jpg
 
モバイル端末に内蔵されているセンサーとモバイル端末の画面上にうつしだされるコンテンツを連動することによって、あたらしいモバイルネイティブな表現を提案しました。5ヶ月を振り返ると本当にあっという間でした。苦労も多々ありましたが、初めての体験が多く日々新鮮でした。今後は、まず頂いたチャンスをもとに、シード期の資金調達に全力を尽くし、サービスのクオリティを高めて、世の中に価値を作り出すことに集中していきたいと考えています。
 
Scratch株式会社(継続する健康管理サービスの提供)荻田さん
スタボ2.jpg
 
健康管理をしてくれるアドバイザーから返答が来ることで楽しく健康管理ができるアプリを開発しました。白紙の状態からサービスリリースまで一貫して学ぶことができ、とても貴重な体験をすることができました。これからはもっとたくさんのことにチャレンジしていきたいと考えています。
 
株式会社カナリアバイシクルコンポーネンツ(自転車の自動変速機の開発) 藤堂さん
スタボ.jpg
 
自転車用自動変速機「Canaria」を開発しています。未来の自転車の選択肢として、あらゆる自転車をオートマに変える新たな選択肢を示したいと思っています。DemoDayは本当にあっという間に終わってしまいました。結果的には非常に多くの方にプロダクトに興味を持っていただき、この半年間の成果として有意義な1日だったと感じています。この機会を逃さないように資金調達に向けて全力で進んでいき、当面の目標として製品の第一弾の発売を目指しています。
 
株式会社クリエイターズベース(趣味のキュレーションメディアの提供) 行川さん
スタボ4.jpg
 
空き時間に趣味を探し、その人の技術が向上できるような、趣味を通じて毎日を楽しくするサイトを構築しました。濃密な6カ月間であっという間に過ぎてしまいました。いろいろなハードルを乗り越え、大きく成長することが出来たと思います。やっとスタート地点に立てました。多くの人に役立つプロダクトを作りたいと思います。
 
株式会社ミラー(CtoC宿泊サービスの提供) 内田さん
スタボ5.jpg
 
“stay” は、会ったことのない人の家にインターネットを通じて泊まりに行くという、宿泊を通して生まれる体験や人間関係を重視したホームステイ型宿泊サービスです。自信はありましたが、本番直前まで不安も強かったのでとにかくDemoDayを無事に終えることができてよかったです。これからシードラウンドを迎えるにあたり今まで以上の努力を継続していきます!!
 
株式会社Liaro(人口知能による動画キュレーションサービス) 花田さん
スタボ6.jpg
 
人工知能の力でオンライン上のあらゆる動画をあなた好みに合わせて毎日配信する動画キュレーションサービスを開発・運営しています。DemoDay当日は楽しめました。僕たちの会社はエンジニアの集まりなので投資家の方たちからビジネス面でのアドバイスをいただけて今後の課題が見えてきました。これから新たな課題や資金調達に向けてすぐに動かなければならないと思っています。
 
 
【参加者(投資家)からのコメント】
「学生さんなのに考え抜かれている感がありました。」
「技術力や感性がある人を選んでいるなという印象でした。」
「学生の方が中心と聞いていましたが、想像していた以上にサービス完成度が高くて驚きました。より完成度が高くなったら一緒に広告商品をつくってみたい会社があったので、引き続きウォッチしていきたいです。また弊社でもこういったDemoDayライト版のようなことをやっていますが、運営についても色々学ぶことがありました。」
※感想掲載の許可をいただいています。
 
 
【今後の展開について】
DemoDayを受けて投資家による出資を受けた場合、サービス展開を続けていただきます。
その場合は、次はシードラウンドに向けて走ることになります。
また出資を受けず終了する場合は立ち上げた法人を解散します。
 
 
ドリコムは来年度以降も、新たなサービスを世の中に生み出すことを支援するため、2期生を募集する予定です。