Welcome 〜これからドリコムで働く人のためのブログ〜


2015年01月13日

「Startup Boarding Gate」、いよいよ大詰め!

一覧へ戻る
こんにちは!
ドリコム広報の佐藤です。
 
いよいよ明日に迫った「Startup Boarding Gate」のDemoDay。
ドリコムでは「Startup Boarding Gate」という学生の夢を、
起業を通じてカタチにするインキュベーションプログラムを実施しています。
弊社代表の内藤もかなり力を入れており、その想いをブログにも綴っています。
 
 
各メンバーは現在、必死にDemoDay(投資家向けのプレゼン)に向けての準備をしていますが、
そんな合間をぬってちょっとだけ、直前の意気込みを語ってもらいました。
質問項目は下記2つ!
-----------------------------------
1) どういう想いでサービスをつくったか
2) 意気込み
-----------------------------------
 
 
まずは若者向けの新たなサービスを制作中の内田さん。
1) SNSにより多くの人のステータスがほぼすべて把握できる現代において、
  それらの情報もとに、ネット上での繋がりを現実世界での深い繋がりへ変えていくという場を設けたい
  という想いでこのサービスをつくりました。
2) 満帆とはいかず、このサービスに対する強い想いだけで乗り越えてきました。
  一つの明確な目標であるDemoDayにむけて頑張ります。
 
 
次に、スマホにおける新たな技術活用を考えている脇田さん。
1) 私達は、モバイル端末のセンサーと画面上のコンテンツを連動し、
  モバイルの世界に自然現象をもたらすことを目標としています。
  現在のモバイルコンテンツはパソコン時代の名残を多く残し、モバイルに特化していないと考え、
  よりネイティブな表現を提案していくことで
  モバイルの世界をより楽しく豊かにしていきたいと考えています。
2) 約5ヶ月間、最初本プログラムに採択して頂いたときの昂揚した気持ちを、
  常に心に憶えておくことを意識して日々取り組んできました。
  DemoDayでは、その気持ちにこれまでの成果をのせて、ぶつけていきたいと思います。
 
 
次は30代の男性の潜在的なニーズを解消するサービスを立ち上げている萩田さん。
1) 自分たちのサービスを使って、
  老後も健康で病気に悩まされない未来を作りたいと考えています。
2)サービスを使ってくれるひとたちの未来、もちろん自分たちの未来でもあるのですが、
  その未来を自分の手で良くしていく、そんな意気込みでやっていきたいと思います。
 
 
次はキュレーションメディアを展開中の花田さん。
1) インターネットによってコンテンツを作って世界に発信することがすごく簡単になりましたが、
  それと同時に情報量は爆発的に増え価値あるものが埋もれていると感じたため、
  その人に刺さるものを届けられるサービスを作ろうと思い、サービスを立ち上げました。
2) 誰もが人生で一度は音楽を聴いたり、スポーツを観たり、本を読んだりなどで衝撃をうけるような体験を
  したことがあると思います。
  このサービスもその人の人生において、衝撃的な体験が出来るようにしていきたいです。
 
 
続いて、同じくキュレーションメディアを立ち上げている行川さん。
1) 日常の不満を解決するためのサービスです。
  「このサイトがあって良かった」と言われるようなサービスにしていきたい!
  という想いでサービスを制作しました。
2) サービスの成長を加速していくために、万全の準備で望みたいと思います。
 
 
最後に、ハード寄りのプロダクトを開発中の藤堂さん。
1)私自身の経験から、高性能で、誰でも使えるようなものが欲しいと考え、
  1年以上前から温めてきたアイデアをこの度形に出来ました。
  未来のスタンダードを作るつもりで開発してきました。
2)私達が作っているプロダクトはハードウェアです。
  そのため、製品化には大きなコストが掛かります。
  学生という立場では、このような大きな資金提供を受けるチャンスは非常に貴重なため、
  今回のDemoDayで是非資金提供を受けたいと考えています。
 
 
ドリコム社員を上回る彼らのアツイ想いに、
当日は、私までもが緊張してしまいそうです。(笑)
 
 
彼らの頑張りの締めくくりとなる14日を私も最後まで見送りたいと思います!!