2012

Press Release
2012年10月09日

『聴いて育てる英会話 えいたま』
 解かれた問題数が1億問を突破!

一覧へ戻る PDFダウンロード
ドリコム初のソーシャルラーニングアプリ
『聴いて育てる英会話 えいたま』
 解かれた問題数が1億問を突破!

http://eitama.smacolo.jp/

 株式会社ドリコム(本社:東京都目黒区、代表取締役社長 内藤裕紀、以下 ドリコム)が提供するiOS向け英会話学習アプリ『聴いて育てる英会話 えいたま(以下、「えいたま」)』において、ユーザーが学習した問題数が1億問を突破しましたのでお知らせいたします。


 

 「えいたま」は、キャラクターを育てながら友達と学習状況を共有し、協力しながら英会話を学習する、ソーシャル性をもった英会話リスニングアプリです。

ユーザー向けに実施した利用実態調査から、家で「えいたま」を使って学習しているユーザーが9割であったり、約5割のユーザーが英会話教室や書籍、教材等といった他の学習手段と併用しており、移動時間の合間に活用するという用途だけでなく、本格的な英語学習ツールの一つとして利用されていることがわかりました。

 また1人当たりの平均学習問題数が1日当たり80問、英語への学習意欲が高く、毎日じっくりと学習しているユーザーが多いことがわかりました。

 

「えいたま」は、従来の学習アプリのように1人でも利用できるほか、さらにプラットフォームである「スマコロ」を通じて友達を作り、友達のキャラクターと交流するなど、友達と一緒に学習を進めることができます。そうした楽しさや友達と競い合う要素を学習と融合することで、学習をより継続しやすい仕組みとしています。また、時節に合わせたイベントを開催することで、ユーザーに楽しみながら学んでいただく工夫も続けています。

 

 ドリコムは今後も、「学習を継続しやすい」環境をユーザーの方々に提供するため、引き続きソーシャルラーニングプラットフォームとアプリの提供を進めてまいります。

 

 
eitama1.jpg
↑登場するほんわかしたキャラクターも学習を続ける理由になってます。
eitama2.jpg
↑「ワルワル団」イベント。勉強しているとワルワル団が邪魔をしにきて・・・。

『聴いて育てる英会話 えいたま』 概要

タイトル
聴いて育てる英会話 えいたま
ジャンル
教育
サービス開始日
2012年3月5日(月)
対応機種
iOS4.3以上の iPhone または iPod touch
URL
利用料金
基本プレイ無料、アイテム課金制