2010

Press Release
2010年11月04日

きせかえコンテンツ制作サービスを15万円から提供
「受託制作サービスシンプルパック」をリリース
~リリース記念として新機種対応12ヶ月間無料キャンペーンを実施~

一覧へ戻る PDFダウンロード
株式会社ドリコム(本社:東京都新宿区、代表:代表取締役社長 内藤裕紀)は携帯電話のきせかえコンテンツ受託制作サービスを15万円から提供する「受託制作サービスシンプルパック」をリリースいたしました。
 
3キャリア272端末(2010年10月31日現在 最新端末は随時反映)へのきせかえ制作を、コストメリットだけではなく、豊富な機能と実機検証による高品質なサービスにてご提供いたします。また、受託制作後の新機種対応をASP型のサービスに切り替えるハイブリッドサービスにてお申し込みのお客様には、12ヶ月間新機種対応無料キャンペーンもあわせてご提供いたします。

15万円の低価格で3キャリアへ対応

きせかえコンテンツの制作費用が低価格化する中、必要機能も複雑なものからシンプルなものへとシフトしております。ドリコムの「受託制作サービスシンプルパック」はそのような市場価格トレンドを反映している一方、オリジナルコンテンツだけではなく版権物やアーティストプロモーションに活用できる必要機能を備えると共に、実際の端末を使っての検証作業も含めていますので、低価格だけではなく品質も担保しております。また、本サービスでは、弊社指定の素材をご準備いただくことで3キャリア272端末(2010年10月31日現在 最新端末は随時反映)へ展開いたします。

きせかえサイト上位15社中7社が利用するドリコムのきせかえ制作サービス

ドリコムのきせかえ制作サービスは、既にきせかえコンテンツサイトイラストカテゴリ上位15社中7社にご利用頂いております。きせかえ制作に必要な機能を取り揃えている他、品質の良さ、また対応端末の豊富さと対応スピードなどにおいても、高い評価を頂いております。ドリコムの「受託制作サービスシンプルパック」は、既存のお客様にご提供しているサービスと同様、サービスの長所を損なうことなく、必要機能を揃えてのご提供となります。また、素材制作とシンプルパックを組み合わせた形での完全受託パックのご提供も行っております。

ハイブリッドサービスによる新機種対応コストの削減も

受託サービスにおいてネックとなるのが新機種対応コストです。コンテンツ制作のコストを抑えても、新機種対応コストが高く費用対効果が悪化する例があります。ドリコムが提供する「きせかえハイブリッドサービス」では、コンテンツ納品後の新機種対応はお客様にASP型のサービスにて対応して頂くサービスです。対応費用も月額制(1万円~)となっているので、リリース後の投資計画も立てやすくなります。

 

■きせかえ受託制作サービスシンプルパックの主な機能
・3キャリア272端末対応(2010年10月31日現在 最新端末は随時反映)
・テンプレート対応(リスト型、位置固定アイコン型)
・カラーテーマ設定・背景でのFLASH利用・第2階層フォント調整
・各キャリアごとの独自領域の設定(ニューロポインタ、EZメニューなど)
・実機による端末検証・その他、コンテンツ単位で追加オプションの指定が可能
 

■ドリコムのきせかえコンテンツサービス制作例

img20101104.png

 

■きせかえコンテンツとは
待受Flash、操作メニュー、メール送受信、着信、電池・電波ピクトなどの画面を一括で変換することができるサービス。 従来の待受以外の各画面等も変更することで、ケータイ全体の統一感、テーマ感を演出することが可能となる。ここ最近の事例では人気アイドルグループのきせかえサイトがオープンするなど、プロモーションツールとしての市場認知度も高まっている。
 
■ドリコムのきせかえコンテンツ制作サービス 
ASP、受託、ハイブリッドの3パターンにより提供。少ない素材点数で3キャリア267端末(2010年8月31日現在)への展開を可能とする。特にASPにおいては画面の操作性や生成コンテンツの品質の高さから制作コスト削減に効果があるため、コンテンツ生成数の多い上位サイトからの評判が高く、
導入シェアを伸ばしている。
・「きせかえハイブリッドサービス」 http://kisekaebuilder.cms.drecom.jp/hybrid 
・「ドリコムのきせかえ制作サービス」 http://kisekaebuilder.cms.drecom.jp/
 
ドリコム、Drecom、ドリコムロゴは株式会社ドリコムの登録商標です。
各社の会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。