2006

Press Release
2006年12月13日

Webサイト制作・更新ツール『ドリコムCMS』OEM提供開始

一覧へ戻る
株式会社ドリコム(本社:東京都渋谷区、代表取締役:内藤裕紀、東証マザーズ上場:証券コード3793)は、本日より、Webサイト制作・更新ツール『ドリコムCMS』のOEM提供を開始いたします。
 
ドリコムでは、2005年9月より個人事業主・中小企業向けに『ドリコムCMS』をASP形態で提供してまいりました。このたび、自社サービスの一環として、CMS(※)のASPサービスを展開したいというご要望にお答えする形で、『ドリコムCMS』のOEM提供を開始いたします。
 
導入企業は、『ドリコムCMS』OEM版を導入することで、自社サービスとしてCMSのASPサービス提供が可能となります。ドリコムは、『ドリコムCMS』をOEM提供するだけでなく、導入企業が現在展開しているインターネットビジネスの活性化や新規インターネットビジネスへの参入を支援いたします。
 
一例として、以下のような利用用途を想定しています。
・ポータルサイト運営会社が、クライアントに対してポータルサイトと連動するWebサイトを提供。
・システム会社や営業会社が、Web商材の1つとしてCMSのASPサービスを商品ラインアップに追加。
・クライアントにCMSという情報発信のツールを提供し、そこで発信される情報を束ねることによって、ビジネスマッチングなどの新しいビジネスモデルを創造。
・クライアントのマーケティングツールとして、CMSを提供し、Webを活用したキャンペーンを支援。
・クライアントが顧客とコミュニケーションをとるツールとして、トラックバックやコメントフォームといった機能をもつCMSを提供。
 
※CMSとは
コンテンツ・マネジメント・システム。WebコンテンツをHTML、CSSといった要素に分解、一元的に管理し、サイト構築から編集までを管理するソフトウェア。CMSを利用すれば、一度デザインを用意するだけで、サイト管理運用者は、HTMLなどの知識を習得する必要がなく、サイト内のナビゲーションリンクも自動生成
されるため、ホームページ運用を効率化することが可能となる。
 
■ドリコムCMS(http://cms.drecom.jp/
サーバーやソフトを導入することなく自社のWebサイトが構築できるASPサービス。『ドリコムCMS』で構築したWebサイトは、プレビュー画面を見ながらワープロソフトやプレゼンテーションソフトのように更新可能。SEO対策やRSS配信にも対応しており、独自ドメインの使用やオリジナルデザインも可能。
 
 【株式会社ドリコム 会社概要】
ドリコムは高い企画力と技術力をコア・コンピタンスとし、新規事業をインキュベート的に創出していくことによって、一人でも多くの人々にエンターテイメント性あふれる生活を提供していく企業を目指します。
会社名:株式会社ドリコム(http://www.drecom.co.jp/
本社:東京都渋谷区恵比寿一丁目23番23号 恵比寿スクエア4F
資本金:4億317万円
事業内容:
法人向けブログソリューションの提供/個人向けブログサービスの提供/
法人ユーザー向け検索ソリューションの提供/個人向け検索サービスの提供
 
ドリコム、Drecom、ドリコムロゴは株式会社ドリコムの登録商標です。
※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は各社の商標または登録商標です