2005

Press Release
2005年04月05日

株式会社ドリコムと株式会社オーシャンブリッジ、
社内情報共有分野で業務提携
社内ブログと文書共有システムの連携により包括的ナレッジマネジメントソリューションを提供

一覧へ戻る
 ブログソリューションの開発・提供を行う株式会社ドリコム(本社:京都市下京区、代表取締役兼CEO:内藤裕紀 以下、ドリコム)と、海外製ソフトウェアをベースとした事業開発を行う株式会社オーシャンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高山知朗 以下、オーシャンブリッジ)は、ブログと文書共有システムを連携した企業内情報共有ソリューションの提供を目的として、業務提携することで合意しました。
 
 両社は、ドリコムの社内ブログ「ドリコムブログオフィス」と、オーシャンブリッジの文書共有システム「Net-It Central」(ネットイット・セントラル)のクロスセルを行うと同時に、両システムを連携した包括的なナレッジマネジメントソリューションの共同開発を進めます。
 また、協業活動の第一弾として、2005年4月21日(木)に共催セミナー「先進事例に見る 社内ブログによる情報共有の成功ノウハウ」(東京・恵比寿にて、参加費無料)を開催します。
 
業務提携の背景:
ナレッジマネジメントにおける暗黙知・形式知の共有
昨今の企業におけるナレッジマネジメントでは、業務マニュアルや営業提案書といった文書化されている知識(形式知)だけでなく、日々の業務におけるちょっとした気付きやアイディア(暗黙知)も共有することが求められています。
これまで、ドリコムとオーシャンブリッジは、そのソリューションとして、それぞれ以下のような強みを活かして、企業における導入実績を積み重ねてきました。
 
<1.社内ブログによる暗黙知の共有>
社内ブログは、備忘録として利用される特性、高度なアーカイブ性・コミュニケーション性を兼ね備えております。社員・各部門が日常的に情報発信・共有をするためにブログを活用する事で、暗黙知の共有を実現することができます。
ドリコムが提供する「ドリコムブログオフィス」は、社内ブログのパッケージソリューションで、社員間・部門間・企業間の情報共有ツールとしての利用、暗黙知の共有を目的とするナレッジマネジメントツールとしての利用など、様々な用途で活用されています。
<2.文書共有システムによる形式知の共有>
社員が日々作成する文書を、社内外で手軽に共有し、誰でも必要なときに検索できるようにすることによって、これまで社内で散在してしまい活用されることのなかった形式知を有効活用することができます。
オーシャンブリッジが提供する「Net-It Central」は、様々な文書資産をファイルサーバ並みの手軽さで共有して、インターネット並みの手軽さで検索し、Webブラウザ上でそのまま高速に閲覧できる、文書共有システムです。形式知の有効活用を簡単に実現できるナレッジマネジメントツールとして、様々な業種の大手企業を中心に400社以上で活用されています。
 
業務提携の狙い:
包括的ナレッジマネジメントソリューションの提供
今回の業務提携は、「ドリコムブログオフィス」と「Net-It Central」の双方の強みを活かすことで、暗黙知と形式知の共有を同時に実現できる、高次元のナレッジマネジメントソリューションを提供することを目的としています。
「ドリコムブログオフィス」による社員・グループ間の気付き・ノウハウ情報の共有(暗黙知の共有)と、「Net-It Central」による各種文書の共有(形式知の共有)を同時に行うことで、暗黙知と形式知の両方を効率的に蓄積して有効活用できるようになります。そのため、従来のグループウェア、文書管理システム、電子メールなどだけでは難しかった、より包括的なナレッジマネジメントが可能となります。
 
具体的な協業内容
1.共同販売
ドリコムは「Net-It Central」の、オーシャンブリッジは「ドリコムブログオフィス」の販売代理店として、それぞれのクライアントにクロスセルを行います。
2.共同商品開発
「ドリコムブログオフィス」と「Net-It Central」を連携した、より利便性の高いソリューションを共同開発していきます。
3.セミナーの共同開催
協業活動の第一弾として、2005年4月21日(木)に、共催セミナー「先進事例に見る 社内ブログによる情報共有の成功ノウハウ」(東京・恵比寿にて、参加費無料)を開催します。実際の企業における事例に基づき、新しい情報共有・ナレッジマネジメントのあり方や、その実践ノウハウについて、両社から講演します。
▼「先進事例に見る 社内ブログによる情報共有の成功ノウハウ」
セミナーの詳細・申込はこちら
また、今後も継続的に共同でセミナーを開催していきます。
 
ドリコム&社内ブログ「ドリコムブログオフィス」について
ドリコムはブログと検索を2軸に事業展開を行い、ブログでは5種類のBtoC向けサービスと、4種類のBtoB向けブログ関連ソリューションの開発・販売を行っています。
ドリコムブログオフィスは、ブログを通じた社内での情報共有の促進を目的とする、社内ブログの高機能パッケージソリューションです。個々の社員単位・グループ単位でブログを立ち上げられる管理機能、それらのブログを収集・検索するブログポータル機能、1clickで自身のブログに気に入ったニュースや記事を記録できるニュースクリップ機能、1日1度のメール通知や閲覧者履歴を表示する利用促進機能を有します。現状、中小企業・ベンチャー企業から大手企業まで、様々な業種でご活用いただいております。
 
オーシャンブリッジ&「Net-It Central」について
オーシャンブリッジは、「すごいソフトでお客様に驚きと喜びを」をミッションとして、日本でまだ紹介されていない海外製ソフトウェアの発掘と、日本における事業開発・マーケティング・販売・技術サポートを行っています。40社を超える国内大手ITベンダーとのマーケティング・販売・技術面における広範なパートナーシップや、Web・電子メール・ブログなどを駆使した先進的・効率的なマーケティング手法などにより、少人数ながら、幅広く事業を展開しています。
Net-It Central(開発元:米国Informative Graphics Corp.)は、Microsoft Word、Excel、PowerPoint、Adobe PDF、AutoCAD、そして紙文書を含めたあらゆる文書資産を、ファイルサーバ並みの手軽さで共有して、インターネット並みの手軽さで検索し、Webブラウザ上でそのまま高速に閲覧できる、文書共有システムです。松下電器産業、日本電気、ファイザー、鹿島建設、住友生命、NTT東日本、パルコ、新日本石油化学、日本放送協会など、様々な業種の大手企業を中心に、400社以上で活用されています。
 
 ※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です