PR Blog 広報ブログ「カレーとみかんと広報」

2017年01月18日

"ドリコムで輝く人"シリーズ 第3弾!

一覧へ戻る

こんにちは!ドリコム広報です。

 

今回の広報Blogでは"ドリコムで輝く人”をご紹介したいと思います。

“ドリコムで輝く人”シリーズでは、ドリコムの「Mission・Vision」に向かって「Value & Style」を体現し、突き進んでいる人に注目しています。

輝く人シリーズ第3弾として、本日6周年を迎えた"ちょこっとファーム"から、新卒入社2年目でリーダーとして活躍する2人をご紹介したいと思います。

 

▼2人のプロフィール

(田中)

◆美術大学を卒業後、2015年に新卒として入社。入社後は、新規タイトルを経験し、ちょこっとファーム(以下、ちょこファ)を担当。現在2年目にしてアートディレクターを務める。

◆入社理由は、そもそもゲームが好きで、ドリコムは他のゲームを作っている会社のなかでも、一番みんなでモノづくりをできる会社と思ったから。

 

(古谷)

◆大学院を卒業後、田中と同じく新卒として2015年に入社。入社後は、ちょこファに配属。約1年後には、エンジニアリーダーとしてエンジニアチームを引っ張る。

◆入社理由は、元々自分でモノづくりをして周りの人を喜ばせることが好きで、IT×○○で何度か業態を変えながら挑戦している部分に惹かれたから。

 

広報(以下---)今回は偶然にも、15年入社の同期2人へのインタビューですが、どうぞよろしくお願いします

古谷、田中「よろしくお願いしますー!」

 

---まず初めにお二人の仕事内容を教えてください

(古谷)「エンジニアとして、ユーザーのみなさんが快適にちょこファを楽しんでもらうための運用と、業務の改善を主に行っています」

(田中)「わたしはアートディレクターとして、デザインのクオリティチェックや、仕事の進め方の改善をしています」

 

---ちょこファのエンジニア、デザイナーのリーダーであるお二人ですが、お互いに共通している部分などありますか?

(古谷)「お互い似たもの同士だなと思っています。例えば、できるだけ無駄を省いて、最小の力で最大の力を得たいと思っている部分などは共通している部分だと思います」

(田中)「すごくわかる!お互いに、常に目的を考えていて意味のあることをやりたいと思っている。だから必要がないと思ったら、自然と改善していこうという話になりますね」

 

輝く人3_1.JPG

 

---自分がリーダーになってから変わったことはありますか?
(古谷)「自分がやるよりも圧倒的に仕事のクオリティが上がることや早くできると判断すれば、積極的に任せることを意識するようになりました。チーム全体を見渡してメンバーと会話をしながら、1年目や、インターン生でもできると思った人には積極的に任せています。自分一人でできることは限られているので、チームの力を最大化したいと思っています」
(田中)「わたしは、自分がいかに本来やるべき仕事に時間をかけるかだけではなく、チーム全体で本来やるべき仕事ができる環境をつくりことを意識しています。例えば、イラストのデザインを考える人が、データの書き換えに時間を費やしているなどは、どんどん無くしていきました」

 

---ではお二人は何故、新卒2年目でリーダーに抜擢されていると思いますか?
(古谷)「おそらく二人とも、安心して任してもらえるような仕事を積み重ねてきたからだと思います。言われなくても自分から課題点を洗い出して、改善していく点もあるのかなと思います」
(田中)「あと古谷くんは、メンバーが困ったときはどんなことでも一緒に考えてくれることもあるのではないかなと。たとえば、口に出さないけど不満を溜めていそうな人がいれば、真摯に話を聞くなど」
(古谷)「田中さんは、逆に困っていることを相談しに来てくれるので、一緒に考えて解決に向かって考えることができますね」

 

 輝く人3_2.JPG

 

---ちょこファチームの雰囲気などを教えてください
(田中)「いい意味で雑談がとても多いと思います。というか、デザイナー陣には雑談を推奨しています。日常的に雑談をすることで、コミュニケーションがとりやすくなって仕事がやりやすくなるので」
(古谷)「雑談の続きだと、仕事の話もしやすくなるよね!エンジニアは、特別に推奨しているわけではないけど、自然と要望や不満などが出てくる良い機会じゃないかなと思っています」
(田中)「雑談のなかから産まれたアイデアがサービスに繋がったこともありますよ!雑談ではないですが、チームで飲み会したときに描いたイラストから産まれたアイテムもあるんです(笑)」
(古谷)「とにかくみんな縛られずに働くことができています。ユーザーさんのためなら前例にとらわれることなく、どんどんチャレンジできています」

 

輝く人3_3.JPG

 

---そんな、ちょこファの好きなところを教えてください

(古谷)「まずキャラクターが愛おしいところ(笑) あとは、ほかのゲームと比べて自由度が高いところですかね。自由度が高いからこそ、コミュニケーションに繋げやすくなる等があるので」

(田中)「自分たちでデザインをしていますが、なんと言ってもキャラクターが愛おしいですね。古谷くんが言った通り、自由度が高いので、創っている自分たちも気づかなかった気づきが多々あるんです!新しい気づきがあるたびに、チームに共有して、それがまた次のアイデアに繋がったりしますね」

 

輝く人3_4.JPG

 

---ドリコム全体をみて、どんな人が多いと感じますか?
(古谷)「やはり、モノづくりを好きな社員が多いですね。みんなサービスやプロダクトを完成する過程でそれぞれにこだわりを持っている。かといって自分の職種に囚われることはなく、各サービスやプロダクトの成功を一番に考えて仕事に取り組んでいる人が多いと日々感じています。」
(田中)「職種間にある溝を埋めてくれる人が多いですね。すごく助かっています」

 

---今日は、いろんな話をしていただきありがとうございました。これからますますちょこファと2人が輝くことを期待しています! 

 

また現在、ドリコムでは積極的に仲間を募集しております。

少しでも興味がある方は、以下のリンクよりエントリーお願いします。

中途採用はこちら←

新卒採用はこちら←